ローディング

Loading..

  • デジタルトランスフォーメーションの時代には、設計・実装の知見や能力が重んじられる

    ソフトウェアエンジニアを取り巻く環境は、いま大きく変わりつつあります。これまで多くの企業はITを聖域視し、bbvシステムの設計や実装を外部の専門企業に委託してきました。経営者もITを単に業務効率化やコスト削減のツールと捉え、どこに委託しても提供される機能はほとんど同じだと判断し、ブラックボックス化されることに注意を払っていませんでした。

    しかし、デジタルトランスフォーメーションが進展するなか、ビジネスにおけるITの重要性は日増しに高まっています。いままで外部に委託していた部分が、これからは競争力の源泉になる。たとえば、プログラムの出来ひとつで事業の競争力は大きく変わります。優秀なエンジニアが書いたコードはユーザーエクスペリエンスを劇的に向上させ、結果としてそれがサービスの価値を大きく高めていく。だからこそGoogleのようなシリコンバレーのハイテク企業は高額の給与を払ってエンジニアを採用しているのです。

    日本企業も同様の認識を持ち始め、いちばん重要な部分がブラックボックス化されることを危惧し、その中身を把握して必要なものは自ら創り出すべきだとIT内製化を図る企業が増えています。ですから、これからのソフトウェアエンジニアには設計や実装の力がよりいっそう重要になっていくでしょう。いまシステムの企画や要件定義などの上流工程を担っている方も、設計や実装についての知見を持ち、いざとなれば自ら手を動かして開発できるレベルが求められる。

    特に最近はアジャイル開発が注目され、企画から要件定義、設計、実装、検証までをスピーディーに回し、多様化・複雑化する顧客のニーズをつかむプロダクトやサービスを創り上げていく手法が台頭しています。そこではもはや上流下流の区別はなくなり、むしろ高い実装能力を持つ人材のほうが重宝される。その上で、プロダクトやサービスの価値を高めていくにはどうするべきかという視点を有する人材が、これから最も価値のあるエンジニアになると思います。

    エンジニアのキャリアについて相談する >
  • 自分がどんなことに興味や喜びを覚えるのか、それを起点に将来のキャリアを考えるべき

    では、いま大きな組織で設計や実装に携わっているエンジニアの方々は、そのスキルを武器にしてこれからのキャリアをどう考えるべきなのか。そこには大きく3つのパスがあると思われます。

    ひとつは、エンジニアリングのマネジメントを志向する道です。ひとりの天才が作り上げたソフトウェアが世の中を変えることよりも、今はチームで開発したものが主流となっています。よほどの天才でない限り、ソフトウェア開発は一人の力ではもはやどうしようもない世界であり、より大きなことを成し遂げようとするなら、より多くの人を束ねてチームで挑む必要があります。経験を積むにつれて、こうした組織を作ってメンバーの成長を促し、ゴールに向かっていくことに興味や喜びを覚えるなら、エンジニアリングマネージャーとしてキャリアアップするのは有力なパスです。その際も技術の軸は手放さず、メンバーが何を作っているのかを常に理解して指揮できるだけの力はつけておくべきです。

    また、マネジメントを志向せず、あくまでも技術力で勝負していく道もあります。最近はそうしたキャリアパスを設けている企業も増えています。しかし、スペシャリストとして生きていくならば、自分のアウトプットを常に意識しなければなりません。たとえば、50名の部下を抱えてチームを動かすエンジニアリングマネージャーに匹敵するには、個人でどれほどの成果を上げなければならないのか。もちろん個人でも十分な成果はあげられます。しかし、日本ではこうしたスペシャリストのロールがまだあまり見当たらないので、自ら道を切り拓いていく姿勢で臨むべきです。

    さらに、もうひとつのパスとしてプロダクトマネージャーも考えられます。これは、技術を軸に事業を伸ばしていく使命を負うポジション。たとえるなら事業会社の社内SE的な立場ですが、一般の社内SEという立場で行っているように外部に開発を委託するのではなく、プロダクトやサービスを自社でコントロールする上で企画設計からプロジェクトの進捗管理まですべてを担っていきます。必要ならば、内製化も視野に入れます。デジタルトランスフォーメーションの時代において主役級の重要なロールであり、自分でコードを書くよりプロダクトやサービスの価値向上やユーザーの課題解決に興味がある方には、チャレンジしがいのあるキャリアパスだと思います。

  • 「主体性」のある人材こそが価値を生む。汎用的なスキルを常に意識することも大切

    いずれのパスを選択するにせよ、求められるマインドセットは「主体性」です。現場で実装を担っていたエンジニアがエンジニアリングマネージャーに就いたら、自分たちが創るものはすべて理解したい、ブラックボックス化したくないと思うはずです。また、プロダクトマネージャーを任されたなら、スタートアップの創業者と同じようなマインドになり、貴重な投資がどう使われるのか、すべてに目を配りたいと思うはず。開発を外部に丸投げするのは怖くてできないでしょうし、もしリソースの関係で委託せざるを得ない状況になったら、毎日そこに赴いて確認したくなる。こうしてこだわりをもって取り組むことが、企業に価値をもたらし、自分自身の価値を高めていくことにも繋がっていく。逆にそうした姿勢で臨まなければ、これから生き残っていくことが難しくなるかもしれません。

    加えてもうひとつアドバイスを差し上げるなら、いま所属している組織と自分のキャリアは切り離して考えたほうがいいと思います。組織に自分を合わせていくことも大切ですが、たとえば組織の変化が遅かったり、あるいは変化する方向が自分の希望と異なるのなら、無理に合わせるのではなく、別の組織に移ったほうがいい。そのためには、ポータブルで移植性の高いスキルを身につけておかなければなりません。いまの組織で培われているスキルが、他社に転用できるかを常に意識しながらキャリアを積むことが重要。

    特に大企業に勤めるエンジニアの方々は、自社内にしかネットワークを持っていない人が多いように見受けられます。しかし特定の企業でしか通用しないスキルは、将来的にリスクになりうる。それを回避するためには、積極的に社外と関わることが大事だと思います。テック系のイベントや勉強会、コミュニティに参加すれば、いまどのような技術が主流なのか理解できますし、いま自分が手がけている技術が他社で通用するのかも一発で判る。そうした機会をぜひ自分から掴みにいってほしいと思います。

    エンジニアのキャリアについて相談する >
インタビューbacknumber