CAREER STRATEGY

プロダクトマネージャーキャリア戦略チームにより
プロダクトマネージャーを起点としたキャリア戦略のお手伝いをします

THEME

プロダクトマネージャーとは

この数年、スタートアップを中心にプロダクトマネージャーという職種が置かれることが増えてきています。
プロダクトマネージャーとは、ユーザーの課題を解決したり、新たな価値創造を実現するプロダクトを成功に導く役割を担い、プロダクトのターゲットや機能を決めてエンジニアやデザイナーとともにプロダクト開発を行うだけでなく、プロダクトによる収益事業への貢献を最大化したり、継続的な成長にも責任を負う「製品責任者」となります。このような立ち位置から「ミニCEO」と呼ばれることもあります。

典型的なプロダクトマネージャーの仕事

  • 1 企画

    • ユーザー理解
    • 課題発見 / 抽出
    • ソリューション決定
    • 事業計画(市場開発)
  • 2 設計

    • ユーザー体験
    • ユーザー
      インターフェイス
      (ワイヤー
      フレームなど)
    • 技術的の
      妥当性の検討
  • 3 実装時における
    プロダクト判断

    • 品質基準設定
    • トリアージ
  • 4 リリースおよび
    その後の
    プロダクト判断

    • Go to market
    • グロース
  • 出典:及川卓也, ソフトウェアファースト, 日経BP社, 2019, 235ページ図4-4

THEMEに戻る

プロダクトマネージャーに
必要なスキルと期待役割

プロダクトマネージャーに求められるスキルセットと役割ですが、土台となるコアスキルと、その会社(プロダクト)固有で求められるスキル・役割の2つに分けられます。コアスキルというのはどんなプロダクトマネージャーにも求められる共通のスキルです。

この土台となるコアスキルには例えば下記のようなものがあります。

  • プロダクトビジョン、ミッションの設定力
  • ユーザー理解のスキル・経験
  • 課題発見能力
  • ステークホルダーのマネジメント力
  • KPIの設計とトラッキング力
  • チームビルディングを含めたリーダーシップ

これらがプロダクトマネージャーとしてのコアスキルとなり、その上にプロダクト固有で求められるスキル・役割が出てきます。現代ではビジネス・テクノロジー・UX(ユーザーエクスペリエンス)の3軸が事業やプロダクトに必要とされていると言われており、プロダクトごとに、プロダクトに関するドメイン知識と併せて、どのスキルセットと期待役割が必要なのかの強弱が変わります。

ビジネスの側面


ビジネスの側面では「事業目標のためにはどんなプロダクトを作らなければならないか」「どんなユーザーにどういった価格で提供するのか」「プロダクトをいかに市場浸透させていくか」といったことを、プロダクトのCEOとして考える必要があります。

テクノロジーの側面


テクノロジーの側面では「エンジニアが提案する技術がビジネス要件に、コストも含めて最適なものとなっているか」「ブロックチェーン技術やAI技術を取り入れることにより、他社で提供していないような新たな価値を作れないか」といった技術面からの検討も必要になります。またハードウェアが絡むプロダクトでは当然ながら電子回路や制御技術などの知見も必要とされます。

UXの側面


UXの側面では「その製品を最も届けたいユーザー層が使い続けてくれるUI・UXをどう実現するか」という点を考慮しながらプロダクト作りをしていきます。

このようにプロダクトマネージャーとしてのコアスキル(汎用スキル)を持ちつつ、その上にプロダクト固有のビジネス・テクノロジー・UXの3軸のスキルセットをどのように獲得していくかというのが、これからのプロダクマネージャーのキャリアを考えていく上では大切な視点となります。

THEMEに戻る

プロダクトマネージャーへの
キャリア

エンジニアリングマネージャーが組織や人に対して関心がある方のキャリアパスだとすれば、プロダクトマネージャーはプロダクトや事業への関心が強いエンジニアのキャリアパスと言えます。プロダクトマネージャーは、その事業やプロダクトを成功させるために必要なものをすべて理解し、全責任を負うという難しい立場を担います。

プロダクトマネージャーにとって、エンジニア経験があるのが強みとなるのは確かです。一方、最初からプロダクトマネージャーとしてのキャリアをスタートするケースもあります。組織上のマネージャーではないとはいえ、他職種のチームメンバーを率いることになるので、社会人経験が浅い方には難しいのも事実です。事業内容やプロダクトの性質によっては技術的なスキルが強く要求されないこともあります。

上記のビジネス・テクノロジー・UXの3軸全てで完璧なスキルセットと経験を持っている方は非常に少なく、ビジネスディベロップメントやサービス企画に長けた方、エンジニアバックグラウンドがあり、技術が強い方、綺麗なUIやデザインを描くこと強みを持つ方など、その組み合わせを含めると本当に様々なバックグラウンドや経歴を持つ方が活躍されている事例があります。これまでの経験を踏まえて、自身の強みを突き詰めて昇華させていくのかという意思もとても大事になる職種だとも言えます。

  • 事業企画、サービス企画・開発
  • エンジニア
  • UIUXデザイナー
  • WEBディレクター、プロデューサー
  • プロジェクトマネージャー
  • プロダクトマネージャー

THEMEに戻る

プロダクトマネージャーの
その先のキャリアパス

プロダクトマネージャーはユーザーの潜在的な願望を満たすことを目的に、なぜその機能を開発するのか(Why)、何を開発するのか(What)について考えを深め、サービスやプロダクトを成功に導くのが役割です。
プロダクトマネージャーがその実力を発揮するためには、技術的素養もさることながら、経営や事業、マーケティングなど多面的な視点が求められます。プロダクトマネージャーを統括するCPO(Chief Product Officer)はもちろん、プロダクトと事業は重なり合うことも多いので、事業責任者などのキャリアパスは有力な選択肢となります。

  • プロダクトマネージャー
  • CPO(Chief Product Officer)
  • CTO
  • VPoE
  • 事業責任者
  • 経営者(CEO・COO)
  • 起業

THEMEに戻る