PERFORMANCE

CASE 002 / 林氏(20代前半)

リクルート社のプロダクトマネージャーに転職決定

前職
クリエイター向け決済アプリのプロダクトマネージャー
どのような経験をお持ちの方か

自社サービス(CtoC)におけるプロダクトマネージャー経験及び、決済サービスのサービス企画経験。また新規ビジネス開発及び、グロース施策の推進なども担当。

どのような強みをお持ちの方か

プロダクトマネージャートライアングルでバランス良く経験を積んでいる。エンジニア経験もあり、プライベートの趣味からクリエイティブ感性も強い方。

どのような志向をお持ちの方か

プロダクトマネージャーポジションで次のキャリアを検討。プロダクト作りへの拘りがある風土で、かつサービス、事業が及ぼせる社会インパクトが大きな事業に携わりたいということからリクルートという環境に興味を持たれる。事業を伸ばしていくノウハウが社内にしっかりとあること、様々な打ち手を打つ上でのリソース(開発リソース、マーケティング予算、事業開発ノウハウ)がある点から、いくつかの選択肢を検討された結果リクルートの主力事業の一つにチャレンジされることになりました。

決定企業
リクルート
職種
プロダクトマネージャー
どのようなミッションか?
主力事業の各領域における戦略立案から企画/開発、効果測定まで責任を持つプロダクトマネジメント。

OTHER

一覧に戻る